Bスポット療法

痛いけどよく効く Bスポット療法

Bスポット療法とは

鼻の奥の口蓋垂(通称のどちんこ)の後ろの部分に、上咽頭(鼻咽腔)という部位があります。呼吸をするたびに空気は必ずこの部位を通過するため、この上咽頭(鼻咽腔)は空気中のホコリや細菌、ウイルスの溜まり場となり、炎症を起こしやすい部位の一つとなっています。風邪の初期に喉が痛いと思ったら上咽頭(鼻咽腔)が腫れていることが多々あります。この鼻咽腔に塩化亜鉛という消炎剤を塗布する治療法がBスポット療法といわれています(Bスポットの「B」は鼻咽腔の頭文字のBです。)。

Bスポットは、のどが痛い時に耳鼻咽喉科でドクターがお薬をつけたりスプレーをする部位ではなく、それよりも少し上の部位に当たります。

実はこの上咽頭(鼻咽腔)への治療をするドクターは耳鼻咽喉科の中でも決して多くはなく、内科や小児科ではほとんど治療をされてこなかった部位です。たくさんの方が風邪のひき始めでのどがイガイガするなどと感じたことがあると思いますが、それはまさにこのBスポットが炎症を起こしているのであり、この手が届きそうで届かない部位なのです。風邪が悪化する前や、風邪をひいたかもしれないと思ったうちに上咽頭(鼻咽腔)を治療しておくと風邪の治りが早くなります。

Bスポット療法はすぐに終わります。塩化亜鉛もしくはルゴール液を染み込ませた綿棒を口の中から上咽頭に十分に塗布するのですが、塗布している際は、率直に申し上げて「痛い」です。

塗布した後は数時間ヒリヒリしますが、その後はすっきりと症状が改善します。しかし、この痛みが強いほど、後の治りが良かったという声が多いです。
このBスポット療法は乳幼児から大人の方まで治療できます。上咽頭(鼻咽腔)の局部のみの治療ですので、妊娠中の方授乳中の方にも安心してご利用頂けます。

実はこのBスポット、人間の免疫機能の要所であると言われており、この部分をBスポット療法で刺激することで、のど風邪以外にも様々な症状、疾患の改善が報告されています。

Bスポット療法の効果

  • のどからくる風邪
  • 頭痛を伴う肩こり
  • アレルギー性鼻炎
  • 後鼻漏
  • 片頭痛
  • 耳管機能障害(耳管開放症・耳管狭窄症)
  • めまいや耳鳴、ぜんそく、掌蹠膿疱症などにも効果があるという報告あり

Bスポット療法の注意点

  • 炎症が強い方ほどヒリヒリ感が強く、痛みが持続します。そのような方ほど炎症が強いので治療を継続していただく方が良いです。炎症が治まってくれば痛みも和らいできます。
  • 治療後1時間前後は時に血の混じった鼻水や痰が増えますが心配はありません。
  • まれに治療後に頭痛がしたり、アトピーなど皮膚症状が一時的に悪くなることがありますが、上咽頭(鼻咽腔)の炎症が強いことが原因です。
  • Bスポット療法は現在の治療を補助する治療とお考え下さい。現在の対象疾患の治療を継続しながら並行して行うのが良いでしょう。

診療時間・休診日のご案内

診療時間表
受付時間
月~土曜 AM 8:45~、PM3:30~
日曜   AM 9:30~
日曜診察
毎月第1・3・5週
休診日
7・8・9月は日曜診察はありません
水曜日・土曜日の午後・
第2第4日曜日・祝日

2017 年 7 月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2017 年 8 月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
   

2017 年 9 月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
   

2017 年 10 月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
   

の日が休診日となっております 
の日が午前診のみとなっております 
の日が午後診のみとなっております

PAGE TOP