診療案内

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎はどんなものがアレルギーの原因になりますか?

アレルギー性鼻炎は、鼻や目の粘膜で、アレルギー反応(花粉などのアレルギーの原因(抗原)と身体の中でそれに反応する抗体が結び付き、化学物質が遊離して、鼻や目の粘膜を刺激する)が起きる事により、発生します。
日本におけるアレルギーの原因の多さから挙げて行くと、
「ハウスダスト(ダニ)」「スギ花粉」「ヒノキ花粉」「カモガヤ花粉」「ブタクサ花粉」「カビ(真菌)」「ペットの毛」などが挙げられます。

アレルギー性鼻炎の治療法を教えてください。

アレルギー症状を鎮める飲み薬(漢方薬を含む)を原則として処方します。患者さんによって合うもの・合わないものがあり、また眠気の有無など患者さんの生活スタイルをお聞きしながら最適なお薬を一緒に探してゆきます。

投薬のほかにも、

  • 鼻の中に弱いレーザーを当て、アレルギー反応を抑制するレーザー治療(保険適用、1時間程度で終了します。)
  • 点鼻薬による治療(使い方にコツがあります。)
  • 非特異的減感作療法(アレルギーの原因物質を体内に定期的に注射し、アレルギー反応そのものが起こらないようにする治療。)

などがあります。

飲み薬と点鼻薬はどちらがいいんでしょうか?

どっちもどっちです。自分に相性が合うものであれば、点鼻薬だけでもいいし、飲み薬だけでも構いません。

ただし、勘違いして頂きたくないのは、
「毎日それを飲まなければならない」ということではありません。

アレルギーの症状が強いときにはそれなりに薬を飲まないといけませんが、症状が弱い時にはそれに応じて必要最小限のお薬で構わないと考えています。

薬をずっと飲み続けてもいいのでしょうか?

アレルギー性鼻炎の患者さんは1年中症状がきつい方がいらっしゃいますが、そのような方は必要最小限のお薬を飲み続けなければなりませんが、シーズンや日によって症状が落ち着いている患者さんが状態に満足をされている場合は休薬を行うことがよいかもしれません。

薬は肝臓で代謝されるので、気になるのであれば、血液検査で肝臓の状態を調べられることは良いかもしれませんが、開業当初行っていた血液検査のなかでは肝臓に異常が認められていた方は稀です。
よって、よほど体調が悪いなどのことが無い限りは積極的に血液検査(肝機能・腎機能)を行っているわけではありません。ただし、気になるような場合であればお申し付けください。

最も、当院の場合で長期にわたってアレルギー性鼻炎で苦しんでいる方には(全ての方に効き目があるわけではありませんが)、レーザー治療をお勧めしています。
これまで開院以来述べ3,000回以上ものレーザー治療を行いましたが、効果がでる割合としては70%程度でしょうか。 レーザー治療は副作用が無い為、妊娠をされていても、小学校低学年の方でも受けて頂くことができます。

レーザー治療説明動画

花粉症を含むアレルギー性鼻炎の症状を抑える、レーザー治療について、解説した説明動画です。
毎年の花粉症に苦しまれている方や、通年性のアレルギー性鼻炎に苦しまれている方でレーザー治療を検討されている方は一度ご覧ください。

(※花粉飛散時期直前や飛散中にレーザー治療を実施の場合は一度に両方のお鼻にレーザーを照射する場合もあります。)

診療時間・休診日のご案内

診療時間表
受付時間
月~土曜 AM 8:45~、PM3:30~
日曜   AM 9:30~
日曜診察
毎月第1・3・5週
休診日
7・8・9月は日曜診察はありません
水曜日・土曜日の午後・
第2第4日曜日・祝日

2017 年 11 月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 

2017 年 12 月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31  

2018 年 1 月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 

2018 年 2 月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
 

の日が休診日となっております 
の日が午前診のみとなっております 
の日が午後診のみとなっております

PAGE TOP