診療案内

いびき・睡眠時無呼吸症候群

いびきは体に悪い影響がありますか?

いびきはともかく、睡眠時無呼吸までになると、高血圧(通常の方の2倍)。心疾患(通常の方の4倍)や脳血管障害(通常の方の4倍)など、疾患になる危険性を増すことがわかっています。

睡眠時無呼吸症候群の診断方法を教えてください。

簡易アプノモニターと呼ばれる、睡眠時無呼吸症候群の測定機器をお持ち帰りいただき、2日間続けてご自宅で就寝される際に装着していただきます。その後お持ちいただいて、院内で解析を行い、後日報告をさせて頂きます。

睡眠時無呼吸症候群の治療法を教えてください。

中症度~重症度の方

中等度の方はより精密な判定を行うために、総合病院で終夜睡眠ポリグラフィーと呼ばれる検査(1泊入院)を受けていただき、必要に応じてCPAP治療を行います。

軽症の症状の方

睡眠時のアドバイスを行い、睡眠の質の改善を図ってゆきます。

診療時間・休診日のご案内

診療時間表
受付時間
月~土曜 AM 8:45~、PM3:30~
日曜   AM 9:30~
日曜診察
毎月第1・3・5週
休診日
7・8・9月は日曜診察はありません
水曜日・土曜日の午後・
第2第4日曜日・祝日

2017 年 7 月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2017 年 8 月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
   

2017 年 9 月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
   

2017 年 10 月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
   

の日が休診日となっております 
の日が午前診のみとなっております 
の日が午後診のみとなっております

PAGE TOP