診療案内

その他の中耳炎

中耳炎の中で怖い中耳炎にはどんなものがありますか?

中耳炎の中でも症状が比較的重いものは下記のとおりです。

慢性中耳炎

症状

急性中耳炎がひどくなり、本来自然に閉じるはずの鼓膜に空いた穴が閉じなくなって、そこから耳だれが出ている状態です。難聴耳鳴りが起こる場合もあります。

診断、治療方法

耳の中に原因となるばい菌や痛みの程度、耳漏の量によって、耳浴や色々お薬を変更しながら、お薬を入れて消毒します。

ひどい場合には耳の中を洗ってから、耳にお薬をいれます。投薬もあわせて実施し、場合によっては点滴が必要な場合もあります。
鼓膜に穴が空いていて、聴力が悪い場合には、パッチテストといって人工の鼓膜を貼って聴力を測り、しばらくそれを留置しておきます。それによって鼓膜の穴が閉じることもあります。
閉じない場合は鼓膜の穴を閉じる手術を受けて頂くことをお勧めする場合があります。

また、鼓膜の奥に炎症が起きている場合には鼓室形成術という、中耳の奥の機能を取り戻す手術を行う必要があります。その際は病院や専門の手術施設をご紹介いたします。

真珠腫性中耳炎

症状

中耳炎を繰り返したり、慢性中耳炎が悪化することにより、鼓膜の一部が中耳(鼓膜のさらに奥)に入り込み、細かな袋のようになり、そこに白いカス(鼓膜の表皮)が溜まります。このカスが増殖して厄介なことに周りの骨を溶かし、袋を次第に広げていく病気です。

診断、治療方法

耳の中に原因となるばい菌や痛みの程度、耳漏の量によって、耳浴や色々お薬を変更しながら、お薬を入れて消毒します。

症状が進行しており、手術が必要と思われる場合は病院に紹介いたします。これ以上、進行せず難聴も進行しないようであれば経過観察で様子をみる場合もあります。年齢を考慮しながら患者さんと相談の上、診療方針を決めてゆきます。

診療時間・休診日のご案内

診療時間表
受付時間
月~土曜 AM 8:45~、PM3:30~
日曜   AM 9:30~
日曜診察
毎月第1・3・5週
休診日
7・8・9月は日曜診察はありません
水曜日・土曜日の午後・
第2第4日曜日・祝日

2017 年 3 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
             

2017 年 4 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017 年 5 月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             

2017 年 6 月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
             

の日が休診日となっております 
の日が午前診のみとなっております 
の日が午後診のみとなっております

PAGE TOP